祝日は休む日なのか

よく日本人は、他の国の人に比べると働きすぎというふうに言われています。休みが少なく常に働いているイメージが外国人からしたらあるようです。しかし、日本の祝日は海外に比べるとトップクラスの多さなのです。しかし、海外にはリフレッシュ休暇などといった休暇があり、2週間や3週間ほどまとめて休みを取っている方が多いのです。祝日があまりない分、自分の好きな時期にお休みをまとめてとっているので、旅行に行くこともできますしゆっくりと休むことができるのです。このような理由から、祝日が多くまとまった休みがあまり取れないため日本人は働きすぎているというイメージが海外からはあるようです。日本の祝日は月に一回あったり二回あったりします。一回もない月もありますが、ない月は珍しいほうです。さらに、お休みがまとまっていないため、出かけようにも近場しか無理なのです。さらに、出かけたとしてもどこも混雑していてさらに疲れがたまってしまい休んだ気がしないという方が多くおられるのです。しっかりと体を休めることも大切ですが、なかなかゆっくりと休むことができない人が多いようです。せっかくのお休みを有効活用したいと思うからです。家でのんびり過ごすのはもったいないと感じる人が多いのです。日本の祝日は、お祝いをするためのお休みであったり、運動をするためのお休みであったりしますが、ゆっくりと休むことも大切なのです。そうすることで仕事のストレスも発散されるのです。日本の祝日は月に何度もあることもあるので、ゆっくりと体を休めることに使うのもいい方法なのです。海外と違ってお休みをまとめて取りにくい分、遠出があまりできないこともありゆっくりと家で過ごすことを優先して考えるのもいいことです。遠出をするお休みは年に数回でいいのです。そのほかのお休みや体をゆっくりと休めてあげなければ、体がもちません。健康面のこともきちんと考えて、体を休めるために使うこともいいことです。